【バブル再来】仮想通貨に投資すべきか?

こんにちは!しぇんろんです!

今回のテーマは、

【バブル再来】仮想通貨に投資すべきか?

こちらについて解説していきます。

ここ最近の仮想通貨の値動きは、

たった1日で+10%+20%になることも

珍しくありません!

資産を増やすにはもってこいの投資対象で、今すぐ投資すべきなのでは?

こんな風に思っている人も多いと思いますのでズバリ回答します。

スポンサーリンク

結論

『仮想通貨に投資する必要はない!』

ですが、仮想通貨が全く役に立たないと

言ってる訳ではありません!

これが答えになります。

これだけだと良く分からないと思いますので…

詳しくは

①仮想通貨が秘める可能性

②仮想通貨投資のデメリット

③助言『資産を守る方法』

この3点について解説していきます。

スポンサーリンク

①仮想通貨が秘める可能性

仮想通貨とは『暗号資産』と呼ぶのが正式名称になります。

この記事では、馴染みのある『仮想通貨』という言葉で統一します。

ではこの仮想通貨は、未来があるのか?ないのか?

まずは、ビットコインのチャートを見てみましょう!

仮想通貨バブルが起きたのは2017年のことです!

年初に1BTC=約10.9万円だったのが

年末は1BTC=約230万円まで暴騰しました。

たった1年で21倍です!!

ビットコインを500万買ってた人は

たった1年で、時価総額1億円の億り人になりました。

暴騰するビットコインに、大量の個人投資家が群がり

・株、債券は時代遅れ
・1BTC=1000万円までいく
・仮想通貨は持ってるだけで資産が増える

など、バブル特有の浮かれた発言がたくさん飛び交ってましたね^^

しかし、当然、この夢は長続きせず、

・相場が過熱しすぎた
・適正価格が意識されるようになった
・中国や韓国などで、仮想通貨の規制強化が始まった

などの理由でバブルは崩壊!

たった1年で1BTC=36万円まで暴落しました。

最高値で購入してしまった人は、

85%も資産が目減りしたことになります。

結局このバブルで儲けたのは、

・投資家に仮想通貨を売買させて、
 割高な手数料をとる取引所

・仮想通貨が注目される前から、
 仮想通貨を持っていた人

・取引所とユーザーを仲介するビジネスを
 した人(仮想通貨アフィリエイト)

・買い煽りでどんどん素人に仮想通貨を買 
 わせて、自分は売り逃げできた人

みたいな感じで、『ただ買っていただけ』

という投資初心者のほとんどが、

泣いて終わるという結末を迎えました。

誰が儲けて!誰が損したのか!

ここが1番大事な所なので覚えておきましょう!

普通バブルというのは、崩壊したらしばらくは元に戻りません!

日本も、バブル崩壊後に

『失われた20年』という長い不況を味わってますよね!

というか、現時点でさえ、まだバブル崩壊前の株価を超える事ができていません!

しかし、仮想通貨は、バブルが崩壊したにも関わらず、『奇跡の大復活』を遂げています。

もう一度ビットコインのチャートを

ご覧下さい!

2019年の初めに1BTC=約36万円だったのが、2021年3月には1BTC=約600万円

たった2年ちょっとで16倍以上ですから

まさに大暴騰ですね!

ビットコインが暴騰する傍らでイーサリアムや、リップルなど他の仮想通貨も暴騰してます。

テレビや新聞などのメディア、TwitterなどのSNSで仮想通貨の話題を出す人が増えてきた、というのが現在です。

ではなぜ?仮想通貨がこんなに注目されているのか?

それは、世界の通貨が『ゴミになっていく』ことを疑っているからです。

つまり、ビットコインの方が安全で信頼できるということですね!

現状、世界各国の政府が、コロナウイルスによって発生した『歴史的不況』を乗り切るために、お札を刷りまくって、経済を下支えしています!

円を刷って!ドルを刷って!ユーロを刷って!

市場にお金をばら撒いている状況です!

こんなことをしていたら、インフレになって当たり前ですね!

この記事を読んで下さっているあなたに

突如、1億円が振り込まれたとします!

自分だけが、1億円持っているならともかく

世界中の皆が1億円を持っているなら、

そんなお金に価値はありません。

ジュース買うのに1本100万円、とかの世界になるでしょうね^ ^

世界の債務残高は、過去最大の277ドルになる見込みです。

どの国も、自国の経済を守る為に借金まみれになっているということです!

一方ビットコインというのは、

発行枚数の上限が2100万枚と決まっています。

『世界の共通の通貨』とも呼ばれる金(ゴールド)も地球上に存在するのはトータルで20万トンぐらいと言われています。

仮想通貨やゴールドは、政府が自由に

その数を増やす事が出来ないので

値崩れせずに価格が保たれるという理屈です!

それに、ビットコインなどの仮想通貨は、

・銀行を経由しなくても個人間で自由に
 送金する事ができる。

・仲介者がいないので、送金の手数料が
 無料または、格安です。

・決算が凄くスピーディーです。

と言った感じで、法定通貨より利用上のメリットも多いのです!

これまでまとめると

・政府が発行する通貨は、無限に刷られる
 ので価格が低下するリスクがある。

・コロナにより、各国政府はお金をばら撒   
 いているので、ますます法定通貨の価値 
 が低下していく懸念が高まっている。

・仮想通貨は、上限枚数が決まっているの
 で価格が保たれやすい。

・法定通貨に比べて、利用上のメリットも
 多い。

ということで結論

仮想通貨すごく良いじゃん!!

という事になりますね^^

ビットコインの時価総額は、

2021年3月時点で105兆円を記録しました。

一定のマーケットを形成しているのは間違いないですし、金額的にも存在を無視できないレベルで世界中の期間投資家も、少しずつ『投資対象』として見るようになってきたと思います。

続いて今度は、仮想通貨のデメリットを見ていきましょう!

スポンサーリンク

②仮想通貨投資のデメリット

あれだけ仮想通貨を褒めていましたが

実は仮想通貨は、デメリットだらけ…

・法整備が未成熟である
・ハッキングリスク
・取引手数料が高い
・税コストが重い
・ボラが高すぎる

順番に見ていきましょう。

法整備が未成熟である

金融発展のというのは、不正の歴史です。

例えば、

詐欺師が出資を募って、お金を持ち逃げ

出資法等で規制

決算書の偽造

金融商品取引法等で規制

インサイダー取引で自分達だけボロ儲け

金融商品取引法等で規制

こう言った不正は、無限にあります。

現在、皆さんが安心して『株』『債券』といった金融商品を買えるのは

過去に、金融市場で膨大な不正行為があり

それを防ぐために、沢山の法整備がされてきたからなのです。

そして仮想通貨はまだ『新しい資産』なので法整備が追いついていません。

たとえ、誰かにハメられても『自己責任』というシビアな世界です。

ハッキングリスク

仮想通貨には、ハッキングされるリスクがあります。

要するに、悪意を持った第三者に仮想通貨を盗まれるということです!

ハッキング事件は、過去に何度も起きてしまっています。

2012年9月: アメリカの仮想通貨取引所『Bitfloor』24,000BTCが盗まれる。

2015年1月: イギリスの仮想通貨取引所『bitstamp』(ビットスタンプ)で19,000BTCが盗まれる。

2016年8月: 香港の仮想通貨取引所『Bitfinex』(ビットフィネックス)で120,000BTCが盗まれる。

2018年1月: 日本の仮想通貨取引所『coincheck』580億円相当のNEMが流出した。

数千万円〜数十億円、時に数百億円レベルの被害が頻発してしまっています!

取引手数料が高い

仮想通貨の運用にかかる手数料は、

他の伝統的な金融商品と比べると割高です。

例えば、優良なインデックスファンドであれば!

・購入手数料は無料
・運用コストは激安
・ファンドを買うための入出金手数料も、
 証券会社によっては無料です。

このように、資産運用にかかるコストは、

かなり安くなっていますが

仮想通貨取引は、まだ市場が未成熟のため

各種コストが割高になってしまいます。

具体的には、

・日本円の入出金手数料
・取引手数料
・レバレッジ手数料
・ロストカット手数料
・仮想通貨の出庫手数料
etc...

取引を繰り返せば繰り返すほど、

皆さんの資産は目減りしていくことになります。

逆に仮想通貨取引所はかなり儲かっているみたいですけどね^^

税コストが重い

株式や債券の売買で儲けた利益は、

税率20%で済みますが!

仮想通貨で儲けた利益は、『雑所得』として扱われます。

雑所得とは、

『儲かれば儲かるほど、税率が高くなる』

と考えてもらえれば大丈夫です!

例えば、1億円儲けた場合の税率は

株式の場合は、2000万円

仮想通貨の場合は、5000万円

凄い差ですよね?

株式より高いリスクをとって

せっかく1発当てても儲けの半分は、

税金で持っていかれてしまいます。

しかも、仮想通貨取引で出した損失は、

来年以降に繰り越すことができません。

例えば株取引の場合は、

1年目に200万円損して
2年目に500万円の利益を出したとする。

株取引なら、確定申告をすれば、
1年目の損失を翌年に繰り越す事ができるので、

−200万円+500万円300万円になる。

なので300万円に対して税金がかかります。

税率20%なので、

300万円×20%=60万円が税金になります。

一方で仮想通貨の場合は、

初年度の損失を繰り越せないので
2年目の利益500万円に、
まるまる税金がかかってしまいます。

1年目の200万円の損失は関係なし...

株式取引にかかる税コストと、

仮想通貨取引にかかる税コストは、

天と地の差がありますね^^

ここを甘く見ていると、いつか絶望しますね。

ボラが高すぎる

仮想通貨は、ボラティリティが非常に高いです。

ボラティリティとは、値動きの大きさ表す言葉で資産運用の世界では、非常によく使われる言葉になります。

仮想通貨は、

1年で20倍になったり

1年で10分の1になったりします。

そんな値動きをする資産は、マトモではありませんね^^

ただのギャンブル商品です。

③助言『資産を守る方法』

というわけで

・仮想通貨が秘める可能性

・仮想通貨投資のデメリット

この2つについて見てきました!

最後に資産を守るためのマインドとして

バビロンの『資産を守る3つの金言』から

①『1枚の金貨を取り出す前に、それが安全にあなたの財布に戻ってくる道があるのかを、よく考える』

②『詐欺師や策士の甘い言葉に乗せられる者、現実離れした願望に投資するものから、金貨は逃げて行く』

③『自分がよく知らない事業や、賢人が認めない事業に投資する者から、金貨は逃げて行く』

この3つの言葉を忘れずに覚えておきましょうね!

仮想通貨に投資したい!という人は

ぜひ、胸に手を当てて見てください!

皆さんの財布から出た金貨が、安全に戻ってくる道を、イメージできましたか?

『1年で数十倍になる』『楽に儲かる』詐欺師や策士の甘い言葉に乗せられてないですか?

・皆さんが仮想通貨に期待するリターンは、『現実離れした願望』ではないですか?

宝くじを当てたい!というのと変わらない願望を持ってないですか?

仮想通貨の仕組みをちゃんと理解してますか?

以上のコトを把握していて、

自己責任のもと『適正なリスク』を取れると思う人だけが仮想通貨に投資する資格がある人です。

そうじゃない人は、ただのカモにされるのできをつけましょう!

仮想通貨が、これからの時代に求められる理由には納得できますし!

未来を感じるのも事実ですが、

現状では、私は仮想通貨に投資する必要はないと感じています。

万人に出来る『マトモな資産運用』という意味では、

株式債券といった、伝統的な資産から

不動産ゴールド

投資対象はこれぐらいで十分だというのが私の見解です。

まとめ

次の3つについて解説しました!

①仮想通貨が秘める可能性

②仮想通貨投資のデメリット

③助言『資産を守る方法』

仮想通貨には、確かに技術的にも未来を感じますね!

世界中の政府が膨大な借金を負いながら紙幣を刷っている以上は、

債務危機・インフレを懸念して

仮想通貨・ゴールドといった

物理的な上限がある『通貨』に目を向けるのも、ある意味では自然な感覚だと思います。

ですがその一方で仮想通貨とは、

・法整備が未成熟である

・ハッキングリスク

・取引手数料が高い

・税コストが重い

・ボラが高すぎる

といった多くのデメリットがあります。

一言で言えば、プロ向けの投資商品になります。

(初心者が手を出すような性質のものじゃない)

バビロンの教えから

①『1枚の金貨を取り出す前に、それが安全にあなたの財布に戻ってくる道があるのかを、よく考える』

②『詐欺師や策士の甘い言葉に乗せられる者、現実離れした願望に投資するものから、金貨は逃げて行く』

③『自分がよく知らない事業や、賢人が認めない事業に投資する者から、金貨は逃げて行く』

この言葉を考えるに

仮想通貨を『まともな投資対象』として見るのはまだ早いと思います!

まともな資産運用を始めたいのであれば

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

以上『仮想通貨に投資すべきか?』でした!

正しい知識を身につけて

自分に合った資産運用を実践していきましょうね!

知識ほどの武器は有りません!

これからもコツコツと勉強して

明るい未来を切り開いて行きましょう!

行動した人のみが豊かになれる時代です。

皆さんもすぐ行動に移してみて下さい!

最後までありがとうございました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました