【仕事を辞めるには!?】早期リタイアするための年収よりも大切なもの

こんにちは!しぇんろんです!

今回のテーマは、

『早期リタイアのためのもっとも重要な指標』

こちらについて解説していきます!

早期リタイアに辿り着くために重要な事を1つだけ教えてください!っと聞いたら?

皆さんはどう答えますか?

明確な目標と計画?

正しい金融知識?

多分一番多い回答は『年収』だと思います。

例えば年収300万の人と1000万の人だと

後者の方が早期リタイアに近い気がしますよね?

ところが!正解は年収ではありません!

スポンサーリンク

結論

早期リタイアのためにもっとも重要な指標とは?

貯蓄率になります。

ここが今回で一番大事なポイントです!

もう一度言います!

会社を辞めたい人にとって一番重要な指標は貯蓄率です。

スポンサーリンク

貯蓄率とは?

貯蓄率というのは、年間貯蓄額÷手取り年収で計算できます!

例えば

年間の貯蓄額が60万で
手取り年収が300万だとしたら
貯蓄率は、60万円÷300万円=20%

となります!

もし年収が1000万あっても、

生活費に1000万かかっているなら

貯蓄率は0%となり、

皆さんがリタイアする日は永遠に来ません

一方で年収が300万円だとしても

生活費が120万円で年間貯蓄額180万円なら10年働いただけで1800万円も貯まります!

生活費は120万円だから、1800万円あれば運用なしでも15年は生活出来ます!

こちらは、そのうちリタイアできる日が来そうですよね?

つまり、年間いくら稼いでいるかよりも

貯蓄率=どれくらい貯めているかの方が重要なのです!

貯蓄率の高い家計簿さえできてしまえば

年間投資リターンを1〜5%で調整するのは決して難しくない!

リスク許容度の高い人は

高い利回りを目指すことも出来ます!

今の日本は『定年消滅時代』と言われています。

要するに準備をしてこなかった人は、

65歳になっても70歳になってもリタイアできません。

一方で『貯蓄率こそが重要だ』と

理解している金融リテラシーが高い人は

遅かれ早かれ、リタイア(FIRE)に到達することが出来ます!

貯蓄率を10%から15%に引き上げるだけで

働かなくてはいけない年数を5年も短縮することが出来ます!

因みに貯蓄率50% & 投資リターン5%

にするとリタイア(FIRE)まで15年強になります。

え?15年も!!、、、諦めちゃいました?

流石にキツイですよね、、、

なので結論から言うとサイドFIRE

おすすめ!ということです。

完全にリタイアして、生活のすべてを

資産からの収入で賄おうとするから

リタイアするまでに膨大な資産と年数が必要になる訳です!

もし稼ぐ力それも会社員として

雇われて稼ぐ力ではなくて

個人で稼ぐ力を身につけていたのなら

好きで、ストレスのない仕事で、月10万円

稼ぐことができるのならリタイアに必要な資産額は3分の2とか、半分とかになります!

諦めてしまうなら誰でも手が届く

サイドFIREを目指してみてはいかがでしょうか?

サイドFIREを目指すなら!

4つの所得を極めるのが近道!

1.給与所得
2.事業所得
3.不動産所得
4.配当金&利子所得

1.給与所得

必要最低限の生活費

2.事業所得

投資のための種銭作り

3.不動産所得

ほぼ不労所得

4.配当金&利子所得

完全な不労所得

スポンサーリンク

まとめ

貯蓄率を高めれば経済的自由に近づきます!

なので、まずは貯める力

次に稼ぐ力という順番になります!

貯蓄率からリタイアの年数を割り出すからですね!

今後もこの様な感じで有益な情報を

投稿して行きますので今後ともよろしくお願いします!

最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました