【貧乏になる方法】日本人は〇〇を甘く見ている

こんにちは!しぇんろんです!

日本人の方は、お金の不安が他の国と比べて、

かなり高いって知ってましたか?

理由としては金融知識不足ですね。

スポンサーリンク

結論

日本人は金利・利息の力を甘く見ている!

金利とは味方につけると頼もしい存在ですが

敵に回したらこんなにも恐ろしい存在は他にはないです!お金持ちになりたいのであれば

お金に悩み続ける人生が嫌なのであれば

金利のパワーを甘く見てはいけない!

利息を取ったら地獄に落ちる

金利には人生を破壊する力がある

この二つについて解説していきます!

金利とは歴史的、宗教的に様々な取り扱いを受けてきたって知ってましたか?

例えば

印象的なところだと

・イスラム教
・ユダヤ教
・キリスト教

ですね!

これらの宗教では利息に関する制限が行われてきました。

世界の人達が利息とどう付き合ってきたか確認していきましょう!

イスラム教の場合は全面的に金利・利息を

禁止しています!

聖書にも『利息を取るものは、あの世で地獄の劫火から永遠に出してもらえないだろうなんて恐ろしい事が書いてあります!

聖書に書かれるくらい利息を取るということは罪深い行為なのです。

ユダヤ教の場合は

同胞と異教徒で取り扱いが違います!

異教徒に対しては利息を取っても良いが、

同胞からは利息を取ってはいけないとなっています。

ユダヤ人は利息の使い方が上手いなんて

言われていますね!

キリスト教の場合は

16世紀の宗教改革までは全面的に利息を取ることは禁止でした。

現代でも宗派によっては、

高利の利息や、複利での利息を禁止していますね!

ちなみに仏教では利息の制限は有りません

殺生に繋がらない金貸しはOKとされています。

世界の人口74億人のうち42億人以上

世界の半数以上の人が信じる宗教で利息に制限がされているこの事実を

甘く見てはいけないと言う事です。

なぜ?金利・利息が禁止、制限されているのか?

金利には人生を破壊する力があるから!

利息の力の大きさとは少し計算すれば分かります!

今の日本は歴史的にみても超低金利時代なのですが、それでも普通の暮らしのために借金を使うと生涯で約1000万円近い利息を払うはめになるとされています!

例えば

・住宅ローン 860万円
・カーローン 60万円
・奨学金   40万円
・カードローン50万円

逆に利息を払わずに暮らせば

1000万円浮かすことも出来ます!

これだけで老後2000万円問題の半分を解決する事が出来てしまいますね!

反対に普通以上に利息を払うのであれば

もはやそれは利息と金利を払うだけの人生で終わってしまう!と言っても過言ではないのです!

例えば

アコムやプロミスなどの消費者金融を使う場合、上限金利の18%で50万円を借りたとしましょう!

それを30年放置すると、、、

なんと!7100万円まで膨れ上がります。

平均年収は400万円ちょっとなので

17〜18年飲まず食わずで働いて

ようやく返済できるイメージですね。

100年に一度の金融危機リーマンショックのきっかけになったのも

サブプライムローン』問題でした。

これは何かと言うと、

庶民が高金利の住宅ローンを返済できなくなったことで世界を巻き込む経済危機に発展したっていうのがリーマンショックなんです!

これだけ破壊力のある金利を敵に回すと

人生が破壊されるということになります。

逆に味方につけるとこんなにも頼もしい存在はないですよね!

庶民にとっては悪魔で

金持ちにとっては天使

これが残酷な真実になります。

つまり、お金持ちになるには

お金を貸す側に回る必要があります!

出資=株を買う→お金を貸す側に!!

例えば

月5万円の投資を年利5%で30年運用

元本1800万円がなんと!3400万円に!!

利息1600万円が湧き出てきた!!

こんな感じですね!

断言できますね!

金利を敵に回してお金持ちになることは

絶対にできない!

スポンサーリンク

まとめ

金利を・利息のパワーは絶大!

他国では利息を取ることを禁止・制限している国もある

現日本でも『普通の暮らし』をしていても利息だけで約1000万円近くの利息を払っている

住宅ローン、カーローン、奨学金、カードローン

因みにリボ払いの年利は【15%】!!

この年利は高すぎる!!

絶対に【リボ払い】はしてはダメです!!

金利を味方につけましょう!

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました