【成功する資産運用】資産運用を始めるならコレ!

こんにちは!しぇんろんです!

今回のテーマは、

【成功する資産運用】資産運用を始めるならコレ!

こちらについて解説していきます。

皆さんどうですか?

資産運用と一口で言っても

株式、債券、不動産、ゴールド。

色々な種類の投資対象があり、

何に投資すれば良いのか

分かりますか?

長期的に資産を運用することを前提に

資産運用の答えをお教えします。

スポンサーリンク

結論

株式一択です。

資産運用の本質を示した『特別なグラフ

をお見せして解説していきます。

◇特別なグラフ

◇グラフから分かること3つ

こちらの2点を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

特別なグラフ

こちらのグラフは、

1801〜2001年の200年、

アメリカにおける以下資産の価格推移を

研究したデータになります。

1801年に1ドルずつ色んな資産に投資したら2001年には、

どうなったかが書いてあります。

資産運用をするうえで最も重要なことが

表されているグラフですね。

◇株式 
◇長期国債
◇短期国債
◇ゴールド
◇ドル
スポンサーリンク

グラフから分かること3つ

①長期投資では『株式に勝る資産はない』

②資産の大半を現金で保有するのは自滅行為

③債券やゴールドは、リスクコントロールのツール

①長期投資では『株式に勝る資産はない』

1801年に株式に1ドル投資していれば、

2001年には599,605ドルになっていた!

なんと約60万倍!!

この200年の中でも、

ジグザグとした値動きをしつつも

結局は右肩上がりに成長してきました。

潰れる企業!新しく生まれる企業!

この新陳代謝を繰り返しながら、

経済全体は成長を続けてきた!

現代経済社会における、

この『大きな流れ』に身を委ねることが重要なのです。

②資産の大半を現金で保有するのは自滅行為

200年のチャートを見ると!

『現金の1人負け』です!

現金は毎年1.4%ずつ価格が下落してきました。

特に第二次世界大戦以降は、

インフレによって現金の価格は目減りするばかりですね。

現金はあくまでも『交換のための道具』

現金そのものは価値を生みません。

③債券やゴールドは、リスクコントロールのツール

超長期投資を前提にすると、

債券やゴールドは株式のリターンに劣ります。

ただ、短・中期的に見れば株価は値動きが

激しくリスクが高いです!

そういう時に、債券やゴールドをポートフォリオに入れて、 

値動きをマイルドにします。

『株式市場が荒れそうだから債券やゴールドにお金を避難させておこう!』

『4%ルールで資産を取り崩している』

こういった人の場合は使い道がありますね

しかし、資産形成期にある若い人は、

とにかく株式を多く持った方が良いです!

運用期間が長ければ長いほど、

株式によって大きなリターンが得られるというのは、先程のグラフから明らかです。

30年40年という投資期間がとれる人が、

何に投資すべきなのかは説明するまでもないですね^^

まとめ

以上をまとめると、次の通りです。

このグラフこそ、資産運用の本質を表しています。

このグラフから分かることは3つ

①長期投資では『株式に勝る資産はない』

②資産の大半を現金で保有するのは自滅行為

③債券やゴールドは、リスクコントロールのツール

結論として、

若ければ若いほど、株式に投資すべき!!

投資期間が長いので、個別株ではなく、

世界分散のインデックスファンドか、米国高配当株ETFが良いでしょう!

補足としては、

・これはあくまでも金融大国アメリカ市場 での研究結果です。

・日本人が外国株に投資する場合は、

為替リスクがあることを忘れてはいけない

VTというファンドなら、世界中の株式にこれ1本で投資できる!(インデックス)

HDVSPYDに投資すれば、アメリカ優良企業に分散投資できる!(高配当株ETF)

参考記事

皆さんの資産形成に役立てば嬉しいです。

以上『資産運用の答え』でした。

正しい知識を身につけて

自分に合った資産運用を実践していきましょうね!

知識ほどの武器は有りません!

これからもコツコツと勉強して

明るい未来を切り開いて行きましょう!

行動した人のみが豊かになれる時代です。

皆さんもすぐ行動に移してみて下さい!

目指せ!サイドFIRE

最後までありがとうございました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました