【高配当株投資】金の卵を産むニワトリを育てよう!サイドFIREへの第一歩

こんにちは!しぇんろんです!

今回のテーマは!

【増やすスキル】金の卵を産むニワトリを育てよう!サイドFIREへの第一歩

こちらについて詳しく解説していきます。

サイドFIREを目指すに当たって皆さんが一番知りたかったのは、この「増やすスキル」ではないでしょうか?

「お金がお金を生む!」この原則を理解し、増やすスキルを身につけていって下さい。

この記事でわかること

金の卵を産むニワトリの正体とは?

金のニワトリの選び方

金のニワトリの育て方

この3点について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

金の卵を産むニワトリとは?

ニワトリにエサを毎月与える事で金の卵を産ますことができます

ニワトリが育って来ると今月は卵1個だったとしても、来月は2個GET!!

このように増やして行く事が出来ます

そしてさらに、複利の力を使う事により効率よく成長させる事が出来ます!

福利の力とは?

ニワトリが金の卵を産んだら、その金の卵もエサにすることです。

これによりニワトリの成長速度が早くなり、産む卵の数もドンドンと増えていきます!!

これが複利の力です!

スポンサーリンク

金の卵を産むニワトリの正体

金の卵を産むニワトリの正体は何なのか?そもそも金の卵は何なのか?

こちらについて解説していきます。

ズバリ!!

『ニワトリは→高配当株』

『金の卵は→配当金』

こちらが答えになります。

高配当株について少しだけ簡単に説明します。

株式とは2つの収益を狙うことができます。

キャピタルゲイン』『インカムゲイン』です。

<<<スワイプ>>>

キャピタルゲインとは

株を売買することで得る収益です!つまりトレードですね。
株価が安い時に買って!高い時に売る!です。
インカムゲインとは

株を保有し続けることで得る収益の事です!
利息や配当金にあたります。

そして今回狙うのはインカムゲインとなります。

そもそも配当金とは?

配当金とは、会社が得た利益の一部を株主へ支払う仕組みのモノです。

株式の購入とは企業のオーナーになることです。

企業はオーナーから集めたお金で利益を出せますし!

オーナーは成長した企業から配当金を貰うことができます!

お互いに利益が上がる凄く良いシステムになってますね!

つまり今回やる事は!!

高配当株を買い続けながら配当金を再投資する

配当金を再投資することで複利の力を得ることが出来ますね♪

これが今回のニワトリの正体となります。

では一体どの銘柄の高配当株を買えば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

オススメの高配当株はコレ!

高配当株と言っても種類が沢山あります!

日本の高配当株なのか?米国の高配当株なのか?

個別高配当株なのか?高配当株ETFなのか?

聞き慣れない言葉がいっぱいですよね・・・

でも安心して下さい!

今回は投資初心者さんに対して最適解な運用方法をご紹介します。

それはズバリ!!

『米国高配当株ETF』です。

選んだ理由としては!

<<<スワイプ>>>

1米国株は日本株に比べて株価のパフォーマンスが良い!

2米国には優秀企業が勢揃いしている!
(Amazon、Google、Apple、等々)

3米国株のETFはかなり優秀!
(手数料が檄安)

日本株と米国株について

長期で見た時に日本は、今よりも少子高齢化が進み人口減少により日本経済は低迷するであろうと予想することができます。

そんな中で日本株を長期保有するのはリスクが高いと思います!

次に個別高配当株なのか高配当株ETFなのかについてです。

その前にETFについて簡単に説明します。

高配当株ETFとは?

高配当株の詰め合わせパックだと思って下さい!

ざっくりですが優秀企業80銘柄が詰め合わされたパックです!

  • 個別株に『集中投資』なのか?
  • ETFで約80銘柄に『分散投資』なのか?

これは勿論80銘柄に分散投資が正解です

1社に集中投資するとリターンも大きいですがリスクも高いです。

集中投資していた会社が大赤字になってしまい減配する可能性があるからです。

(減配とは配当金の金額が減ること)

さらに最悪の場合、会社は倒産します。

これが高配当株投資で一番怖いリスクにあたる部分になります。

そうなると一点集中よりもETFの様に80銘柄に分散投資する事で、リスクを下げる事が出来るのです。

たまに「高配当個別株を10〜20銘柄選んで 分散投資するのではダメですか?」と聞かれる事があります。

答えとしては!

自分でしっかり企業の入れ替えなどのメンテナンスをすることが出来るのであればやってみる価値はあるかも知れませんね!です。

個人的には、米国高配当株ETFが優秀過ぎるのでわざわざ個別で選ぶ必要がないと考えています。

ETFの場合は、 業績が落ち込んできた会社があると自動で業績が良い会社と入れ替えてくれるので、 完全放置で常に高いパフォーマンスを求めることができます。

つまり初心者さんが高配当株投資を長期運用するなら米国高配当株ETF一択となるでしょう。

では次にいよいよ、どの銘柄に投資するか?

金の卵を産むニワトリの選び方

米国高配当株ETFにも沢山の種類が存在します。

どの銘柄がオススメなのか?

結論から言うと!

『HDV』『SPYD』

の2銘柄になります。

選んだ理由を簡単に説明します。

・年間利回りが高い
 SPYD 3.4 ~ 8.6%
 HDV  3.1 ~ 5.3%

・経費率の低さ
 SPYD 0.07
 HDV  0.08

・キャピタルゲインも狙える
 売らない前提ですが株価は右肩上がりです。

・分散された銘柄構成
 80銘柄に分散投資出来る!
 (SPYD、HDVを組み合わせる事によりセクター分散も完璧)
(セクターとは、業種のことです)

これら理由から米国高配当株ETFを長期運用するならSPYDとHDVの2銘柄に分散投資するのが理想です。

ちなみに年間利回りが3.1〜8.6%と聞いて「えー!少ない!!」と思われるかもしれませんが、相場を把握していくと、かなりの高利回りと言うことに気がつくでしょう。

銀行口座にお金を預けていても『0.001%』の利息しか付きません!

銀行口座に預けるよりも約300〜800倍の利回りなんですよ!

運用方法としては

大きく株価が下落したら一度に大量に買う!

(株価が低ければ購入出来る株数が増えるからです)

難しいと思う人は、そこまで気にしなくても大丈夫です!

逆に高値で買ってしまったとしても売らない前提の投資なので、あまり株価の動きに敏感になり過ぎる必要はありませんよ!

気をつけなくてはいけないポイントとしては!!

為替を意識して買うこと!

(80ドル〜120ドル)ここ20年の推移です。

HDVやSPYDを購入するときは、自動で円からドルに変更されます。

円安の時に買ってしまうと資金が減ってしまいますので気をつけましょうね!

高配当株はどこで買えるのか?

株を買うには証券口座が必要になります。

証券会社は、『楽天証券』『SBI証券』がダントツおすすめです!

理由としては!

・初心者でも使いやすい!

・スマホアプリがある!

・米国株が買える!

・共に業界最安値の手数料

2社とも業界TOPクラスの証券会社ですね♪

まとめ 一連の流れ

楽天証券かSBI証券で口座開設 します  

    

米国高配当株ETFに投資する   

    ↓

銘柄はSPYDとHDVの2銘柄  

    ↓

比率はSPYD:4 HDV:6

  ↓

下落したらまとめ買いするイメージ    

    ↓

根気よく長期運用する (自分が満足する配当額まで)   

    ↓

夢のサイドFIRE生活への第一歩

以上が全体の流れになります。

正しい知識を身につけて、自分に合った資産運用を実践していきましょうね!

知識ほどの武器はありません。

これからもコツコツ勉強していきましょうね!

行動した人のみが豊かになれる時代です。

皆さんもすぐ行動に移してみて下さいね!

最後までありがとうございました♪

NEXTスキル

コメント

タイトルとURLをコピーしました