あなたは本当に分散投資できてますか?

世の中には2つの分散投資があります。

「間違った分散投資」
「正しい分散投資」

間違った分散投資

とにかく色々なものに投資する。

正しい分散投資

相関係数を意識して色々なものに投資する。

相関係数を意識できるかどうかが「正解」と「間違い」の分かれ目になるんです。

相関係数とは

「−1から1」の間の数字をとる。

プラスの数字だと正の相関

マイナスの数字だと負の相関

全世界株式と国内株式の相関係数は0.639

プラスの数字なので正の相関となります。

つまり似たような値動きです。

全世界株式が値上がりすると国内株式も値上がりすることが良くあります!逆も同じく。

「相関係数を意識して分散投資を考える」

たくさん分散しているつもりでも「強い正の相関」を持つものばかりに投資していたら分散の効果は弱まります。

一方で、負の相関を持つもの含めてバランスよく投資することが大事。

イメージは、あっちは下がったけどこっちは上がった!

下落ダメージを軽減できる可能性が高まるんですね!

分散投資をより有効に機能させたければ負の相関を持つものを組み入れる必要があるということですね!

詳しくは増やすスキルをご覧下さいね!

最後までありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました