大暴落!そんな時おさえておきたいコト

市場は下落し、投資を引き上げる人には損失発生。

これから投資する人々にとっては利益になる。

もし今後株価が大きく下げるようなことがあれば常にこう考えてください。

  • 今、投資を引き上げたら損失発生
  • これから投資をするなら利益になる

これはバフェットに言わせれば自明の理。

説明の必要がないほど当然ってことですね!

1970年代、米国株式市場は大暴落を経験しました。

オールストリートジャーナルはこう報じていました。

「見通しがハッキリするまで株の購入は見合わせた方がいい!」

一方でウォーレン・バフェットは、

「今こそチャンスだ!儲けよう!」

結果はバフェットの大勝利でした。

彼は大きな利益を手にすることになりました。

株価が暴落した時、多くの人は吐き気がするほどの含み損を見てこう考えます。

「今のうちに株を売って相場が右肩上がりになったらまた戻ってこよう!」

こうやって誰かが手放した株を手にするのは誰なのか?

それが新たな市場参加者ですね!

彼らはこう考えて意気揚々と参加してくるワケですね!

「こんなに良いものをこんなに安い値段で売ってくれてありがとう!」

すべての売り手には買い手がいます。

皆さんが焦って売ろうとしている時、その向こうには「ニヤついた買い手」がいることを知っておいて下さい。

良いものを持ってる人は、ドンと構えていればそれでOKなんですよ!

なので銘柄選択さえ間違えなければ大体okってことですね!

詳しくは増やすスキルを参考にしてみて下さいね!

最後までありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました