ふるさと納税ルール変更とは

2023年10月からふるさと納税のルールが変わりました。

変更の内容はざっくり2つ!

  • 返礼品の基準の厳格化
  • 経費の見直し

①返礼品の基準の厳格化

もともとふるさと納税の返礼品は「地場産品」に限られていました。

今回のルール変更で、この「地場産品」の基準が厳しくなりました。

熟成肉や精米について、原材料が同一都道府県内のものに限定されました。

他の地域で生産されたお肉やお米なんだけど「地元で熟成・精米しましたよ」というのは通用しなくなってしまいました。

私たち寄付する側への影響は、返礼品ラインナップの減少です。

今までもらっていた返礼品が手に入らなくなるかもしれません。

②経費の見直し

もともとふるさと納税の返礼品は、返礼品そのものの代金や送料、広報費など。

上記を含めて「5割以下」にします!というルールでした。

ところが今回のルール変更で、この「5割以下」に含めるべき経費が増えます。

「ワンストップ特例制度」の事務費や寄附金受領証の発行費など!

これらを含めないといけなくなりました。

同じ寄付額でもらえるものの質や量が減ってしまうかもしれません。

今までがお得過ぎたのかもしれませんね!

最後までありがとうございました^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました