スポンサーリンク

2024年版:日本の高配当株トップ10 – 配当利回りランキング

全記事

高配当株は、安定した収入を得るための投資手法として多くの投資家に人気があります。特に配当利回りの高い株は、投資家にとって非常に魅力的です。

本記事では、2024年に注目すべき日本の高配当株トップ10を、配当利回りを基準にランキング形式で紹介します。

ただし、これはあくまで配当利回りのランキングであり、おすすめランキングではないことにご注意ください。

スポンサーリンク

高配当株の魅力とは?

高配当株は、企業が利益の一部を配当金として株主に還元することで、安定した収入を得ることができる投資方法です。

特に、長期的に配当を増やし続ける「連続増配株」は、安定した収益を期待できるため、投資家にとって非常に魅力的です。

スポンサーリンク

2024年に注目すべき日本の高配当株トップ10

順位銘柄配当利回り1株あたり配当金決算月
1ユナイテッド(東G・2497)6.14%48円3月
2MIRARTHホールディングス(東P・8897)5.98%24円3月
3丸三証券(8613)5.91%25円3月
4岩井コスモホールディングス(8707)5.65%20円3月
5アールビバン(7523)5.62%30円3月
6川辺(8123)5.58%80円3月
7三ツ星ベルト(5192)5.46%125円3月
8東京産業(8070)5.44%18円3月
9ピジョン(7956)5.36%38円12月
10ファーストブラザーズ(3454)5.33%33円11月
スポンサーリンク

詳細な解説

ユナイテッド(東G・2497)

配当利回り: 6.14%
配当金の推移: 2021年: 40円, 2022年: 45円, 2023年: 48円
決算月: 3月
解説: ユナイテッドは、デジタルマーケティングと広告を中心に事業を展開している企業です。安定した収益と成長を続けており、高配当利回りが魅力です。

MIRARTHホールディングス(東P・8897)

配当利回り: 5.98%
配当金の推移: 2021年: 20円, 2022年: 22円, 2023年: 24円
決算月: 3月
解説: MIRARTHホールディングスは、不動産業を中心に幅広い事業を展開している企業で、安定した配当を提供しています。成長性も期待されており、投資家にとって魅力的です。

丸三証券(8613)

配当利回り: 5.91%
配当金の推移: 2021年: 22円, 2022年: 24円, 2023年: 25円
決算月: 3月
解説: 丸三証券は、個人投資家向けの証券業務を中心に展開している企業で、安定した配当が特徴です。高い配当利回りと堅実な経営が魅力です。

岩井コスモホールディングス(8707)

配当利回り: 5.65%
配当金の推移: 2021年: 18円, 2022年: 19円, 2023年: 20円
決算月: 3月
解説: 岩井コスモホールディングスは、証券業務を中心に幅広い金融サービスを提供しており、安定した収益基盤を持っています。高い配当利回りが投資家に人気です。

アールビバン(7523)

配当利回り: 5.62%
配当金の推移: 2021年: 28円, 2022年: 29円, 2023年: 30円
決算月: 3月
解説: アールビバンは、生活用品や家庭用雑貨の販売を中心に事業を展開している企業です。安定した業績と配当が魅力で、投資家からの支持を集めています。

川辺(8123)

配当利回り: 5.58%
配当金の推移: 2021年: 70円, 2022年: 75円, 2023年: 80円
決算月: 3月
解説: 川辺は、貴金属の販売とリサイクルを中心に事業を展開しており、安定した収益を上げています。配当利回りが高く、投資家にとって魅力的な銘柄です。

三ツ星ベルト(5192)

配当利回り: 5.46%
配当金の推移: 2021年: 115円, 2022年: 120円, 2023年: 125円
決算月: 3月
解説: 三ツ星ベルトは、自動車部品や工業用ベルトの製造販売を行う企業で、堅実な成長を続けています。高い配当利回りが魅力です。

東京産業(8070)

配当利回り: 5.44%
配当金の推移: 2021年: 16円, 2022年: 17円, 2023年: 18円
決算月: 3月
解説: 東京産業は、産業機械や資材の販売を行う企業で、安定した業績を誇っています。高い配当利回りが魅力で、投資家に支持されています。

ピジョン(7956)

配当利回り: 5.36%
配当金の推移: 2021年: 35円, 2022年: 37円, 2023年: 38円
決算月: 12月
解説: ピジョンは、ベビー用品の製造販売を行う企業で、堅実な成長を続けています。高い配当利回りと安定した業績が魅力です。

ファーストブラザーズ(3454)

配当利回り: 5.33%
配当金の推移: 2021年: 30円, 2022年: 32円, 2023年: 33円
決算月: 11月
解説: ファーストブラザーズは、不動産投資やアセットマネジメントを行う企業で、安定した収益を上げています。高い配当利回りが魅力です。

投資リスクとリスク管理についてのセクション

高配当株への投資には、以下のリスクがあります:

  • 経済状況の変動: 経済が不調になると、企業の業績が悪化し、配当金が減少するリスクがあります。
  • 業績の悪化: 業績が悪化すると、配当金が減少する可能性があります。
  • 株価の変動: 配当利回りが高くても、株価が大きく下落すると投資全体の価値が下がる可能性があります。

リスク管理のためには、企業の業績や財務状況を定期的にチェックし、分散投資を心掛けることが重要です。

具体的な投資戦略とアドバイス

高配当株への投資においては、以下の戦略が有効です:

  • 分散投資: 複数の高配当株に分散して投資することでリスクを分散します。
  • 定期的な見直し: ポートフォリオを定期的に見直し、必要に応じて銘柄を入れ替えます。
  • 再投資の戦略: 受け取った配当金を再投資することで、複利効果を利用して資産を増やします。

今後の見通しと市場動向の分析

高配当株市場の今後の見通しについて、以下の点に注目します:

  • 経済回復の影響: 経済が回復基調にある場合、企業の業績が改善し、配当金の増加が期待できます。
  • 政策変更の影響: 政府の経済政策や金融政策が企業業績に与える影響を注視します。
  • 業界のトレンド: 各業界のトレンドや技術革新が企業の成長に与える影響を分析します。

詳細な企業分析とファンダメンタルズの紹介

各企業の財務状況や成長性、経営戦略など、詳細なファンダメンタルズ分析を行います:

  • ユナイテッド: 安定した収益と成長を続ける企業で、デジタルマーケティングと広告事業に強みがあります。
  • MIRARTHホールディングス: 不動産業を中心に幅広い事業を展開しており、安定した配当を提供しています。
  • 丸三証券: 個人投資家向けの証券業務を展開し、高い配当利回りを誇ります。
  • 岩井コスモホールディングス: 幅広い金融サービスを提供し、安定した収益基盤を持っています。
  • アールビバン: 生活用品や家庭用雑貨の販売を中心に事業を展開し、安定した業績を誇ります。
  • 川辺: 貴金属の販売とリサイクルを中心に事業を展開し、高い配当利回りが魅力です。
  • 三ツ星ベルト: 自動車部品や工業用ベルトの製造販売を行い、堅実な成長を続けています。
  • 東京産業: 産業機械や資材の販売を行い、安定した業績を誇ります。
  • ピジョン: ベビー用品の製造販売を行い、堅実な成長を続けています。
  • ファーストブラザーズ: 不動産投資やアセットマネジメントを行い、安定した収益を上げています。

結論

2024年に注目すべき日本の高配当株トップ10を配当利回りの観点から紹介しました。これらの銘柄は、安定した配当収入を狙う投資家にとって非常に魅力的です。

しかし、投資を行う際には、各企業の業績や財務状況をしっかりと確認し、リスクを管理することが重要です。

特に経済状況の変動や業績の悪化、株価の変動などのリスクに注意しながら、分散投資を心掛けることが推奨されます。

また、投資戦略としては、定期的なポートフォリオの見直しや配当金の再投資を行うことで、複利効果を最大限に活用し、資産を増やすことができます。

最後に、最新の市場動向や経済政策にも注目し、常に最新の情報を基にした投資判断を行うことが成功の鍵です。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました